消費者契約法とは

消費者契約法とは


消費者を商品やサービスを巡るトラブルから守る民事ルールがこの消費者契約法です。


消費者契約法は、消費者と事業者との間の全ての契約に適用されます。


次のような時、消費者契約法により契約を取り消し、または無効にすることが出来ます。


1.不実告知...重要な項目について事実と異なることを告げられた場合。


2.断定的判断...将来の変動が不確実な事を断定的に告げる【例】「このサイトは絶対に儲かります!」等・・・


3.不利益事実の不告知...利益になる事だけ述べて、重要な項目について不利益になる事はわざとこちらに伝えない


4.不退去...自宅や職場に事業者が居座り続け、「帰ってくれ」と意思表示をしたにも関わらず、契約せざるを得なかった場合。


5.監禁...営業所等で、こちらが「帰りたい」と意思表示をしているにも関わらず契約するまで帰してくれなかった場合。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。