出会い系サイト規制法

出会い系サイト規制法


以下の行為が「不正誘引」と定義され、処罰の対象となります(第六条)。


児童に「性交渉」を持ちかけること


児童に「金銭等を伴う異性交際」を持ちかけること


人に児童との「性交渉」を持ちかけること


人に児童との「金銭等を伴う異性交際」をもちかけること


これらに違反した場合、百万円以下の罰金に処せられます。


「性交渉」や「金銭等を伴う異性交際」を実際に行わなくても、

掲示板やメールなどで上記のような「もちかける」行為をしただけで逮捕される可能性があるということです。


改正出会い系サイト規制法


事業者の届け出義務を規定 。


違法な投稿に対して迅速な削除も義務化


届出を義務化した事によって、警察が事業者を把握し、暴力団組員や犯罪暦のある事業者などを排除できる見込みです。


無届けでの営業には、6カ月以下の懲役か100万円以下の罰金も科せられます。


また、問題となっている未成年を犯罪に巻き込む様な書き込みなどや、

違法な書き込みを運営者が迅速に削除を義務付けしました。


この改正は悪質サイトの排除にも繋がるので、今回の改正により悪質サイトが無くなる事を心から望みます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。