出会い系のサクラ

出会い系のサクラ


出会い系サイトの「サクラ」とは、「架空の女性会員を演じるために出会い系サイトに雇われている存在」です。


この世に出会い系が登場する前から、サクラという存在はテレクラで活躍していました。


出会い系サイトの需要が女性>>男性なので、どうしても女性の割合が極端に少なくなってしまいます。


ただテレクラでは実際に相手と話さなければならないため、基本的には一対一です。


そして当然ではありますが相手は女性です。


電話の会話と言えど男性が女性を装うなどそう簡単に出来ることではありません。


しかし出会い系は携帯やパソコンで文字で会話をするため、熟練のサクラになると一人で同時に何人もの男性を相手にやり取りを行い、さらにいくつものキャラクターを使い分けて近づいてきます。


ネットでやり取りをするのですから、当然相手が女性かなんてわかりませんよね。


オープンしたての出会い系サイトの場合、登録している女性会員数が少ないため、サイト内の雰囲気を盛り上げるためにサクラを投入することはよくあることです。


しかし、女性会員の募集を行わずサクラだけで出会い系サイトを運営して男性から利用料金をぼったくる悪質なサイトが存在することも事実です。


サクラは基本的にポイント制出会い系サイトにしか存在しません。


無料サイトや定額制サイトではサクラを雇って、どれだけたくさんのメールを男性とやり取りしても収益が上がることはありません。


ポイント制出会い系サイトでは、サクラがメッセージを送り、男性会員がそのメールを閲覧したり、返信したりするとポイントが消費される形で利用料金が発生するため、ある程度の収益を確保することができるのです。


そもそもこのサクラ行為は違法なのでしょうか?一般的に考えれば所謂「詐欺」などにあたりそうなものですが、法律的には違法ではありません。


出会い系の会社は法律的に 風俗の一種にあたるのでサクラ行為はサービスの一環として運営されています。


仮にサクラ行為により商品価値などについて誤解させ、それが詐欺罪(刑法246条)にいう「欺い」たという場合にあたるといえるときは、同罪で罰せられる可能性がありますが立証するのはほぼ不可能なのではないでしょうか。


あ、ポイント制サイトと書きましたが、ハッピーメール、ワクワクメール、イクヨクルヨにはサクラは存在しないので、安心してお使い下さいね!


大体は名前も聞いた事の無いような小規模〜中規模のサイトにサクラは居る様です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。